沖縄県那覇市の司法書士

のうれんプラザすぐ横

相続・遺言、民事信託、成年後見、不動産登記、
会社登記、借金問題等お気軽にご相談下さい。

  • line

お問い合わせ、ご相談はお気軽に。受付時間 9:00~17:00(平日)

相続人は誰だ? その1 【相続・遺言Q&A】

2008.8.26 相続・遺言

相続人は誰だ? その1 【相続・遺言Q&A】

さて今日のテーマは、「相続人は誰だ?(その1) ~相続人となるのは~」です。
被相続人の財産は、死亡によりただちに相続人の所有となりますが、相続人が数人いるときは、その財産は共有となります。
そこで「誰が相続人に当たり、持分はどうなるのか?」ということが問題となります。実際にあった登記のお話を交えながら説明していきましょう。


法定相続人
相続人(相続によって財産をもらう人)と被相続人(亡くなった人)の関係は、民法に細かく定められていて、相続する順位や法定相続分は次の通りです。
配偶者は常に相続人となり、「子→直系尊属→兄弟姉妹」の順で相続人となります。
後順位の人は、先順位の人がいないときに相続人となります。また同順位の者が複数いる場合、各自の相続分は均等になります。
相続人となる順位
配偶者 (妻や夫)        常に相続人
子 (養子含む)          第一順位
直系尊属(親、祖父母)     第二順位
兄弟姉妹             第三順位
(担当:大城 章)
「なかえま通信’08/1月号」より 

相続・遺言、民事信託、成年後見、不動産登記、会社登記、借金問題等

なかえま司法書士事務所までご相談下さい。

FAX:098-835-1386

受付時間 (平日)
9:00~17:00