沖縄県那覇市の司法書士

のうれんプラザすぐ横

相続・遺言、成年後見、不動産登記、
会社登記、借金問題等お気軽にご相談下さい。

  • line

お問い合わせ、ご相談はお気軽に。受付時間 9:00~17:30(平日)

その他の業務

その他の業務

司法書士の取り扱い業務は、不動産登記や商業登記、相続関係だけでなく、簡裁訴訟代理や内容証明、各種書類作成など多岐にわたります。
しかし、その業務一つ一つに注目してみると、どれも皆様の身近にあることであり、「身近なくらしの法律家」として皆様のお役に立てる内容ばかりです。
法律関係、書類関係でお困りでしたら、是非ご相談ください。

30分無料相談

自己破産とは、裁判所で全ての債務を免除してもらう手続きです。
裁判所に「破産申立書」を提出し、支払いが不可能であると認められ免責が許可されると、税金等を除くすべての債務を支払う必要がなくなります。
支払いが不可能かというのは、債務者の負債の額、収入、資産等の状況から総合的に判断されます。

簡裁訴訟代理

平成15年4月に施行された改正司法書士法により、簡易裁判所における紛争の請求額が140万円以下の事件についての司法書士の訴訟代理業務が認められるようになりました。
ただし、これは法務大臣の認定を受けた司法書士(認定司法書士)に限られます。
なかえま司法書士事務所では認定司法書士が在籍しておりますので、民事訴訟や調停の代理人、裁判外での和解などでも、皆さまのお手伝いをすることが可能です。

裁判所提出書類作成業務

裁判所に提出する書類の作成は司法書士の主な業務の一つです。
簡易裁判所・地方裁判所に提出する訴状・答弁書、調停申立書のほか、家庭裁判所に提出する家事審判、家事調停の申立書など、司法書士が対応可能な様々な裁判所提出書類の作成が可能です。
司法書士に裁判所提出書類の作成を依頼した場合、作成後の裁判所への提出もお任せいただけます。また、なかえま司法書士事務所では、手続の進め方についても、お客様目線で丁寧にアドバイスをおこないますので、自分で手続きが出来るのか不安な方も安心です。
司法書士に書類作成を依頼し、裁判所での手続はご自身で進めれば、弁護士に依頼するのに比べて大幅に費用を抑える事ができます。

内容証明

○年○月○日に誰から誰宛に、どんな内容の文書が差し出されたかを差出人が作成した謄本によって郵便事業株式会社(通称: 日本郵便)が証明します。
この証明文章は決められた書式があり、この書式で作られた文章でなければいけません。
なかえま司法書士事務所では、内容証明の書式に従った文章の作成を行っています。

各種契約書作成業務

契約書作成も司法書士の得意分野です。お客様の求める様々な契約書の作成を行います。

その他の法律豆知識

情報が登録されていません

相続・遺言、成年後見、不動産登記、会社登記、借金問題等

なかえま司法書士事務所までご相談下さい。

FAX:098-835-1386

受付時間 (平日)
9:00~17:30