沖縄県那覇市の司法書士

のうれんプラザすぐ横

相続・遺言、成年後見、不動産登記、
会社登記、借金問題等お気軽にご相談下さい。

  • line

お問い合わせ、ご相談はお気軽に。受付時間 9:00~17:30(平日)

あの時の約束は果たすべき?

2015.11.5 ブログ

あの時の約束は果たすべき?


何気なくおこなってしまった口約束。
いったん口に出してしまったことは必ず履行しなければならないの?
これに関して民法550条は「書面によって行われた贈与でない場合は、各当事者は撤回できる」としています。
つまり彼は、以前に言った約束を撤回できるということです。
これは贈与者の安易な贈与を防ぐためであり、書面によって意思表示をはっきりさせるためであるとしています。
確かに証拠が無ければ、言った、言わなかったの水掛け論に陥ってしまいますし、実際に裁判になった場合に、証拠を提出することができないことになります。
では逆に男性側から、すでに渡したプレゼントを別れたことを理由に返せと言われた場合はどうでしょう?
民法550条但書によると、「履行が済んだ部分に関しては撤回できない」としています。
先ほどのケースで考えると、彼女がすでに指輪をもらっていた場合は、男性側から「付き合っていた頃にあげた指輪を返せ!」と言われたところで、彼女はこれを拒否できるということです。
【画 杏奈(姪っこ)   文 仲栄真 功一】 

相続・遺言、成年後見、不動産登記、会社登記、借金問題等

なかえま司法書士事務所までご相談下さい。

FAX:098-835-1386

受付時間 (平日)
9:00~17:30